MRIでわかるお膝の状態

こんにちは!

看護師の松本です☆彡

当院でははじめてご来院の方に対して、まずはしっかりとお膝の状態を診察するためにお膝のMRI画像をとっていただくことをお勧めしております!

これまでお膝のレントゲンは撮ったことはあっても、MRIは撮影したことがない方も多いのではないでしょうか?

そもそもレントゲンとMRIって何が違うの?なんでMRIも撮ったほうがよいの?と思った方もいると思います!

今回はその疑問にお答えしていきたいと思います😊

 

レントゲンとMRIの違い

レントゲンは短時間で撮影できるもので、骨や関節の変形具合をわかりやすくみることができるものとなっています。

つまり骨のかたちをみて、異常を発見することができます!

ただ、骨のかたちを見ただけではわからない、隠れた痛みの原因があります💡

MRIではそんな隠れた痛みの原因を発見するために使われます!

レントゲンでは写らない、靭帯や半月板、軟骨の状態、こまかな骨のダメージなど、どの部分に異常があるのかを詳しくみることができます!

当院のビル1階にありますメディカルイメージング栄という撮影施設がございますので、当日そちらでお膝のMRIを撮影をしてから、そのまま当院で診察することが可能です😊

当院でMRIの予約も一緒に取ることができますので、

お膝の状態をくわしく診てほしい、痛みの原因が何なのか知りたい!という方は✨

ぜひ一度当院へご相談いただければと思います(^^)

些細なことでも相談お待ちしております(*^-^*)

治療の内容が知りたいだけでも構いません。

膝の状態を詳しく診て最善の治療を提供させて頂きます。

その他、ご質問や診察のご予約希望はこちらまで☟

フリーダイヤル:0120-013-712

 

 

関連記事

  1. 寒さと痛みの関係について

  2. O脚とX脚

  3. ポキポキ?ミシミシ?お膝の音が鳴る理由

  4. コロナ太りを防ごう!!

  5. 半月板損傷って?

  6. 膝と靭帯と再生医療

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)