膝と靭帯と再生医療

季節がら過ごしやすくなってきましたね。?

今回は膝と靭帯損傷についてです。

けがで靭帯損傷した場合、若い人であれば、手術適応となるのが前十字靭帯です。?

この靭帯はスポーツなどで膝をひねったり、ジャンプ後の着地の失敗したあとに、断裂します。

靭帯が切れると、関節の安定性が失われ、膝がガクガクし、膝が崩れたりします。?

また損傷した靭帯が自然経過中で修復されることも厳しい靭帯であります。

現在60歳以上で、昔に若いときに前十字靭帯を損傷をし、手術せずに様子を見た場合、変形性膝関節症になっている場合があります。❕

また変形性膝関節症をそのままにしていくと、進行して歩行困難など歩けない状態になる場合もあります。

当院の再生医療は、膝をきらなく、身体への負担のすくない治療を行っております。?

膝のことでお悩みのかたはご相談いただければと思います。

関連記事

  1. ポキポキ?ミシミシ?お膝の音が鳴る理由

  2. 膝の仕組みについて

  3. MRIでわかるお膝の状態

  4. ロッキング症状について

  5. 当院の治療と保険診療治療の違い

  6. よくあるご質問

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制