お膝の手術について

みなさまこんにちは!

本日はお膝のお痛みに対して行われる手術を簡単に紹介いたします。

 

★関節鏡視下手術★

すり減った軟骨や傷ついた半月板を取り除く手術です。

変形が軽度な方にたいして行われます。

メリット:入院期間が短く、体への負担が少ない

デメリット:根治術ではない

 

★骨切り術★

骨を切り、O脚やX脚を矯正し、関節への負担を減らす手術です。

変形初期~中期の方にたいして行われます。

メリット:スポーツの復帰が可能、人工関節は年齢的に早いという方でも受けられる

デメリット:入院期間が長い

 

★人工膝関節置換術★

変形した関節の表面を、人工的な部品に置き換える手術です。

末期かつ、70代以降の方にたいして行われます。

メリット:痛みが軽減する、歩ける

デメリット:正座や激しい運動はできない、15~20年後に入れ替えの手術が必要

 

以上です。

聞いたことのある手術はありましたか?

今ある痛みを軽減できるという大きなメリットもありますが、

お身体への負担やその後の生活を考えて手術以外の選択肢を探している、という方も多くいらっしゃると思います。

 

当院で行っている再生医療は、お身体への負担が少なく、入院も必要ありません。

手術以外の選択肢を探している方、是非ご検討ください(^^)/

関連記事

  1. ヒアルロン酸注射について

  2. 運動のために必要な筋力を!

  3. なぜ膝から音が鳴るの?

  4. ポキポキ音がなる?

  5. 膝とリハビリテーション -可動域訓練-

  6. 膝の運動と生活習慣2

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制