再生医療は若い方でもできる治療です。

皆さまこんにちは、コンシェルジュの長澤です😊

本日も当院はたくさんの方にご来院頂いております!

ご来院される方のご年齢は様々で、

20代や30代の方々も多くいらっしゃいます。

学生時代にスポーツでお膝を痛めたことがある、
仕事でお膝を酷使されている、
最近ランニング後に膝が痛くなる などなど…

再生医療が適応となればお若い方ももちろん治療可能です。

当院ではまずはMRI撮影後に診察をさせて頂いております。
今までMRI撮影をされたことがない方には、詳しい診察に驚かれたとお声をいただくこともございます。

なかなか自分の膝の中の状態(軟骨や半月板、靭帯など)を画像で詳しく見る機会も少ないかと存じます。

 

若い方には再生医療はまだ早いのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お若い方こそ治療効果もより期待できます!!

今後のスポーツ目標のため、将来のために早めに治療をすることも大切です🌼

まずはご自身のお膝がどのような状態なのかを診察させて頂きますので、お気軽にお越しくださいませ😊😊

 

 

▼培養幹細胞治療コラム
ひざ関節への幹細胞治療は有効?【効果とデメリットを解説】

関連記事

  1. 変形性膝関節症は「歩行困難」なぜ歩けなくなるのか?

  2. 階段昇降について

  3. 暑さに負けない為に….

  4. 天候の変化でひざは痛くなるの(・・?

  5. イメージキャラクターが変わりました!!

  6. 原因不明の痛みでお悩みではないですか?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)