無理のない運動や過ごし方について

こんにちは😊

本日ブログを担当致します、看護師の長井です!

皆様GWはいかがお過ごしでしょうか。

今年はコロナでなかなか旅行にも行きづらいので、お家で少し体を動かそうかなとお思いの方もいらっしゃるかと思います。

そのため本日は、お膝に無理のない運動や過ごし方についてお話しさせて頂きます!

当院には、お膝の痛みに悩みつつも、

◆安静にして、体力が減少するのを避けたい

◆体を動かすことが好きで、なるべく体を動かしたい

◆膝をよくするために、頑張って動かなきゃ!

というお気持ちの方が、カウンセリングをしていると多くいらっしゃいます。

 

いつまでも健康で元気に過ごしたい!というお気持ちが伝わってきて、

私もとても嬉しい気持ちなのですが…

実は、お膝の状態が悪いときは安静にして頂き、

なるべくお膝を使わないことが健康な生活の第一歩なのです😊

 

そこで!今回はなるべくお膝を使わない日々の過ごし方や運動についてご提案いたします。

【過ごし方について】

〇階段ではなく、なるべくエスカレーターやエレベーターを使う

〇1日歩行は5千歩以内、30分程度に控える

〇膝を曲げたり、荷重をかける姿勢は控える

 

【スポーツについて】

〇歩くのであれば、ジムのランニングマシンを使う

〇自転車、エアロバイクを使う

〇プールで体を動かす

〇膝に負担のかからない筋トレをする

 

以上が、多くの患者様にご提案させて頂いてる方法です!

お膝は消耗品と言われており、誰しもが普段の生活だけでも擦り減らしている可能性が高い部位です。

これ以上状態を進行させないためには、まずは膝を使う時間を制限してあげることが大切です。

また、足を地面につく❛ドスン❜という動作の積み重ねが、お膝の症状を悪化させる原因となります。

そこで、外のコンクリートではなく機械の柔らかい地面や、負荷がかからない水中、

足をつかない自転車で運動をして頂くことで、膝に負担をかけずに、体力をつけることが可能になります!

 

 

お膝の状態を進行させないためにも、正しい方法で健康を維持していきましょう!

関連記事

  1. 膝に負担の少ない階段の降り方

  2. 膝とリハビリテーション -筋力訓練について-

  3. 血圧と膝と運動

  4. お膝にとって良い運動は?

  5. 正座の膝への影響は?

  6. 膝には体重の3倍負担がかかっている?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)