膝に水がたまるのはなぜ?

最近涼しくなってきて秋の気配をかんじますね。😄

膝の中に水がたまるのはなぜでしょう。

膝の中に水がたまるという現象は、膝の中に「何かのきっかけ」で炎症がおきて、さまざまな生体反応が起きた結果、関節液という水が膝の中にたまります。

その何かのきっかけが変形性膝関節症であったり、生活習慣病である痛風、または偽痛風などであるわけです。👀

水を抜くだけにいくというのは、原因を取り除く方法ではないため、水を減らしても炎症があれば、すぐにまた溜まってきてしまいます。

当院の再生医療は、抗炎症作用があるため、炎症もしっかり、抑制してくれます。💊

当院の再生医療は、炎症をおさえて、水がたまらなくなるする作用もあります。

再生医療で膝の水を注射でぬく必要がなくなって喜ばれているかたもいますので、⭐

水を頻繁に抜かないといけないかたは、再生医療を考えてみてください。📌

関連記事

  1. 外反母趾と靴、ハイヒールの関係!!

  2. 膝に貯まるお水の話

  3. よくあるご質問

  4. 普段の姿勢

  5. 20~40代の患者様も増えています!

  6. 寒さと痛みの関係について

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)