こんにちは👧

名古屋ひざ関節症クリニックのブログをご覧いただきありがとうございます✨

本日は『膝が痛い時は冷やしたほうが良いのか?温めたほうが良いのか?』について説明します👌

 

みなさんは、痛いとき冷やしていますか温めていますか❔

実はこれ、間違うと痛みが強くなり、悪化してしまいます💦

では、冷やすのがいいのか温めるのがいいのか🤔

 

それは、病気や怪我の時期により異なります❗

医学的に言うと、急性期は冷やして慢性期は温めるというのが正解になります👌

急性期とは痛みが出てきた時期のことをさし、捻挫(ねんざ)や打撲、ぎっくり腰といったものの受傷直後が当てはまります💥

この時期は、局所に急激に負荷がかかり、炎症反応を起こしています🔥

つまり、血流量が増加し、腫れ、発熱、痛みを起こしているのです💦

ですからこの時期に温めるのは逆効果で、炎症反応を助長してしまいます😲

この時期に必要なのは炎症を抑制することで、局所を安静にし、発熱を抑えること、つまり冷やすことが重要なのです⛄

急性期を過ぎると、今度は慢性期に移行します👻

痛めた局所が疲労し、機能不全に陥っている状態です💦

筋肉は硬くなり血流が阻害され、疲労した局所に酸素と栄養が行き届かなくなり、その結果、重だるいような痛みが出るのです😰
ですから、この時期には温めて血流を改善させ、痛んだ局所に十分な酸素と栄養が行き届くようにしてあげることが重要なのです❗

では急性期はどれくらいか💨

これは人によっても場合によっても異なりますが、だいたい発症から2~3日までをいいます👩‍⚕️

痛みが急激に出てから2~3日くらいは冷やすのがよいのです⛄

しかし、もともとお痛みがある方でも、運動しすぎたり歩きすぎたりして熱感がある場合は、冷やしてください❗

 

また、痛い部位を自分で触ってみましょう🙌

痛くない部位よりも熱く感じる場合は急性期と判断して冷やすとよいでしょう👌

逆に冷たく感じる場合は慢性期と判断して温めるとよいでしょう👍
急激に痛みが強くなったとき、局所が熱く感じる場合には安静にして冷やし、その後痛みが和らいだ時期には温めると覚えておいてください🙈

 

しかし

基本的なご説明は上記の内容になりますが、自分自身が気持ちよいと思う方を選んでもらって構いません🤗

 

急に寒くなってきましたので、お身体に気を付けてお過ごしください😊

また、お膝を冷やさないようにしてください🎶

関連記事

  1. 手術と再生医療について

  2. 再生医療ってなぜ保険適応にならないの?

  3. ひざ関節は自然に治るの?

  4. PRP-FDとは?

  5. PRP-FD+培養幹細胞治療(コンビネーション治療)後の体験…

  6. 人工関節ってどんな手術?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)