半月板損傷への再生医療について

 

こんにちは!暖かい季節になってきましたね🐳

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近半月板損傷の方も多くいらっしゃっているので、本日は半月板への保険診療での治療と、再生医療について書いていこうと思います。

まず保険診療で行えること。半月板損傷に関して行われる手術は2種類あります。

 

 半月板縫合術

 

 半月板切除術

 

        スポーツ整形外科|整形外科|診療科・部門のご案内|石川県立中央病院

 

 

   半月板縫合術

   ・入院期間:約2週間

   ・約20%程度に再断裂が認められ、再手術が必要となる可能性がある

   ・歩行までに1か月程度、ランニングするまでには手術後3か月程度かかる

 

 

   半月板切除術

   ・入院期間:約4日間

   ・半月板が部分的に消失することで、軟骨がすり減りやすくなる

     → 今後、変形性膝関節症となるリスクが高まる

   ・スポーツへの復帰までに約2~3か月程度要する

 

 やはり、どちらも入院・手術が必要となってしまいます。

 また半月板の手術をすることで、長い目でみると将来的に変形性膝関節症になるリスクが

かなり!高くなってしまいます。

将来自分のお膝で生活し、しっかり歩けるように…と考えると、半月板はあったほうがいいという見方も多いです。

 

 

それに対して当院の治療はすべて日帰りで行えます。

治療は注射のみなので、身体へのダメージは最小限です!

半月板損傷にも作用してくれますし、痛みをとったり変形性膝関節症の進行を抑えたりと、

メリットがたくさんあります!✨

半月板に対する手術以外の治療を探されている方、

ぜひ一度当院まで診察にお越しください😊

診察と、合った治療についてお話させていただきます!

 

関連記事

  1. ひざ関節は自然に治るの?

  2. 膝の靱帯にPRP-FD!

  3. 膝関節の再生治療について

  4. 再生医療ってなぜ保険適応にならないの?

  5. PRP-FDとは?

  6. もしかして変形性膝関節症?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)