血圧と膝と運動

この前梅雨にはいりましたが、院周辺では雨は最近少なめです。🌍

血圧が高い状況を高血圧と呼びますが、血圧が高いとなぜ問題かというと、血管が傷んでくるとうことです。血管が損傷すれば、脳梗塞や脳出血などの脳卒中や、心筋梗塞などの心臓疾患などにかかる可能性が高まるということです。

ではどのように対策すればよいかというと、運動療法が効果的です。😄

運動は血管機能の改善し、血圧を下げる作用があります。

ただ、変形性膝関節症になると膝が痛くなるので、運動するのがつらくなり、運動しなくなります。⬜

そうなると血圧が上昇傾向になり、上記のような日常生活や仕事へ影響する重大な疾患になる可能性も高くなるというリスクに直面します。

そうならないように、日々健康的に今後も生活を営むために、膝の痛みを改善させて、定期的な運動習慣をつけましょう。👀

膝のいたみの治療で気になることがあれば、膝専門の当院へご相談ください。📌

関連記事

  1. 無理のない運動や過ごし方について

  2. 膝に負担の少ない階段の降り方

  3. 膝には体重の3倍負担がかかっている?

  4. 膝の運動と生活習慣4

  5. お膝の炎症について

  6. 【膝が痛くて眠れない夜は・・・】

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)