骨粗鬆症と膝と生活習慣

2月も終わりに近づき、もうすぐ3月で春の季節になってきました。😃

前回お話した骨粗鬆症のお話の続きです。

骨粗鬆症は女性がとくに進行しやすいです。女性は50歳を過ぎると、骨粗鬆症が進行しやすくなります。👀

知らないうちに背骨が骨折して身長が低くなって気づいたり、突然腰が痛くなって、腰の骨折がみつかって、すでに骨粗鬆症が進行していたなどもたまにあります。

このように骨粗鬆症が進行して、骨折を繰り返すと、動かなくなって、全身の筋力が落ちてきます。

そうなると、歩行するための筋力も落ちて、膝の痛みが増してきます。😥

骨粗鬆症は膝の変形とも関係してくることもあるため、変形性膝関節症が進行すれば歩行困難になることもあります。

健康寿命という言葉があります。それは健康で自立した生活を送れる期間を表します。

平均寿命とだいたい10年くらい開きがあります。例えば平均寿命が80歳と仮定するならば、健康的に自立して生活できるのは70歳までということです。👀

できるだけ健康寿命を延ばせるように、骨の健康を保ちましょう。🌴

 

関連記事

  1. 膝の運動と生活習慣

  2. 膝の運動と生活習慣6

  3. 寒さが増してきましたね

  4. 膝の運動と生活習慣4

  5. 膝に良い靴選び

  6. お膝の炎症について

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)