階段昇降について

 

こんにちわ☺

コンシェルジェの田中です✨

日常生活で階段を利用する機会は多いかと思います。

Q: 階段は「上り」と「下り」、どちらがより膝に負担がかかるでしょうか?

 

考える女性イラスト2 | 無料イラスト素材|素材ラボ

 

A: 下り

 

 元々、階段は体重の5〜10倍程ひざに負担がかかると言われています。

下りは下に落ちる力も加わるので、上りよりも負担がかかります。

ひざ痛のある方は、下りの時はエレベーターやエスカレーターを使うのがオススメです✨

階段の上りは、関節への負担があまり無いので、筋力運動として取り入れても良いでしょう😁👍

関連記事

  1. 「再生医療」って一体どんなもの?

  2. 暑さに負けない為に….

  3. PRP-FD治療の流れについて

  4. エアコンの温度調節

  5. お膝の水を抜くと癖になる??

  6. 天候とお膝の痛みの関係性

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)