【自由診療】について

こんにちは!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか(・・?

本日は、「保険診療」と「自由診療」についてご説明をしていきます!

 

★保険診療★
病気や怪我の治療で医療機関にかかる場合は、保険診療を行います。日本では、いつでも誰でもどこでも等しく基礎医療サービスが

受けられるよう、国民皆保険制度をとっています。

そのため、職業や年齢、性別、住んでいる場所にかかわらず、通常は誰でも何かしらの医療・健康保険に加入しています。

治療を受けた際、窓口で支払う料金が総額の2~3割で済むのは、ご加入の保険組合が残りの7~8割を負担してくれているからです。

ただし、全ての医療サービスに保険が適応されると、保険組合の財政が圧迫され、全ての人に必要最低限の医療サービス行う、という基礎が崩れてしまいます。

そのため保険診療には、適応可能な治療方法や料金、処方する薬などの細かい規定があるのです。同じ治療を異なる医療機関で受けた際に、同じ点数が加算されるのは、このためです。

デメリットとしては、規定を外れた治療を行えない点が挙げられます。保険診療の途中で規定外の治療を行うことを混合診療と呼び、現在は禁止されています。

★自由診療★
自由診療とは、医療保険制度を用いない診療のことを指します。

自由診療のデメリットは、費用面での負担が大きくなる点が挙げられます。保険組合の補助がないため、治療費の窓口負担が10割(100%自己負担)となります。

ただし、補助が出ないというだけで、高額な医療のことではありません。

保険診療のような「この病気ならこの治療法」といった決まりや制限がなく、患者様お一人お一人にあった医療サービスが受けられます。

先進医療や生活を豊かにするための治療などは、医療保険適応外であることがほとんどです。

 

上記をご覧いただきまして、ご理解をいただけましたでしょうか😊

当院は保険診療ではなく、自由診療でのご案内になってまいります。

そのため、治療金額については保険診療より高額にはなってまいります、、、。

ただ、保険診療でのお膝の治療は幅が狭く、治療法が決まっています。

当院では、膝の再生医療専門で行っている治療であり、症例数も日本1位と言われています!!!

お膝の痛みにお悩みの方や興味がある方は、ぜひ当院にお越しくださいませ^_^

スタッフ一同、心よりお待ちしております!!!♡

関連記事

  1. 梅雨の時期と膝痛について

  2. お膝とは長い付き合いです!

  3. エアコンの温度調節

  4. お若い方でも起こりうる【半月板損傷】って?

  5. 名古屋院からのお知らせ

  6. 【培養幹細胞治療】脂肪とるのは怖い❔痛い❔

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)