PRP-FD治療の流れについて

こんにちは、コンシェルジュの長澤です😊

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏を迎えましたね🍉

 

本日はPRP-FDの流れについてご説明させていただきます🤗

PRP-FDは、患者様ご自身の血液を使用した治療法です!

①血液を1回当たり49ml採血させていただきます。

49mlと聞くと多いように感じる方もいらっしゃると思いますが、貧血になるほどの量ではございませんのでご安心ください。

 

②採取した血液を加工施設にお送りいたします。採血をして3週間後、当院にPRP-FDが届きます。

厚生労働省が認可している加工施設に送り、血液中の成長因子(関節内の修復を促す成分)を取り出します。

そこからさらに成分を活性化させ、フリーズドライ化します。

フリーズドライ化することで患者様のご予定に合わせて注入日を調整することが可能になります。

 

③採血をしてから3週間後以降、ご希望のお日にちにお膝に注入させていただきます。

注入する方法は、ヒアルロン酸注射と同じ方法です。

PRP-FDは粉状になって当院に届きますが、PRP-FDを生理食塩水(体内に入れても害のない水)で溶解していきます。

溶解後は下の写真のようになります!

 

治療の処置としては以上となります(*^^*)


この後は1ヶ月後、3か月後と診察にご来院いただきお膝の状態を確認させていただきます。

お膝に痛みを抱えている方は是非一度当院にご相談いただければ幸いでございます🌼

皆さまからのご連絡お待ちしております!

関連記事

  1. お膝の水を抜くと癖になる??

  2. 受診を迷われている方へ

  3. 生活習慣とロコモ

  4. 膝関節の骨折と変形性膝関節症

  5. 膝の運動と生活習慣2

  6. 姿勢について

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)