膝と骨粗鬆症

2月に入りました。 少し暖かくなったきもしますね。?

今回は骨粗鬆症と膝についてお話したいと思います。

骨粗鬆症というのは、骨の中がスカスカになり、もろくなって骨折しやすくなる状態です。?

多くは手首や腰や足の付け根の骨折をするリスクが上昇すると言われています。

とくに足のつけねや腰を骨折すると、歩行困難になり、動けなくなってしまいます。?

骨粗鬆症は変形性膝関節症とも関係しています。

膝の骨がもろくなると、変形してきている膝が余計につぶれて変形してしまうリスクを上げます。?

そうなると膝が悪くなると歩行困難になってしまいます。

そうならないように、しっかりと骨粗鬆症予防をしていく必要があります。?

基本は、定期的な運動と食事のバランスが大事です。

生活習慣に気を付けて、骨粗鬆症を予防し、健康な膝を保ちましょう。?

膝のことで心配なことがあれば、早めにご相談いただければと思います。?

関連記事

  1. お膝に良い生活習慣

  2. お家でできる簡単な運動

  3. 膝の運動と生活習慣6

  4. 膝には体重の3倍負担がかかっている?

  5. 膝の痛みと運動とコレステロール

  6. 大腿周径のお話です!

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制