早期治療の大切さ

皆さま、こんにちは☼

 

 

本日は早期治療の大切さをお伝えしたいと思います✨

 

 

毎日生活をする中で

お膝を沢山つかわれていると思います。

 

 

消耗品である軟骨や半月板は、20代を超えると

少しずつ傷んでいってしまいます。

痛み止めやヒアルロン酸注射で治まるうちは

様子を見られる方がとても多いです。

 

 

しかしそうしている間にも、お膝を使うたび

少しずつ確実に進行しています。

関節痛のイラスト(ひざ)

やがて骨同士がぶつかり合うようになると

お痛みは強く歩くことも難しくなり

骨が変形していってしまいます。

一度傷んだ軟骨や半月板は、自然と治ることはありません。

 

monshin_roujin | 東広島整形外科クリニック

 

再生医療は、早期であればあるほど効果があります。

早くこの治療に出会えればよかったと仰る方もいらっしゃいます。

 

傷みが進んでいってしまうまえに

ぜひ一度、ご相談にいらしてください✨

 

関連記事

  1. 寒さと膝の痛みについて

  2. カバンの背負い方

  3. 膝の運動と生活習慣5

  4. 変形性ひざ関節症の早期治療の重要性について

  5. 「膝に水が溜まる」ってどういうこと?

  6. 治療は片方の膝だけ?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)