人工関節置換術と再生医療

みなさまこんにちは^^

肌寒い季節になりましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期になりますので、お身体には十分お気をつけてお過ごしください!(^^)!

 

当院にご来院された方に、ご来院のきっかけをお伺いすると、

「人工関節の手術以外の方法を探していて、再生医療を見つけました」というお声がよく挙がります。

もちろん、人工関節手術には多くの症例数があり、保険がきくというメリットがありますが、

お体への負担が大きい事や入院が必要等のデメリットもあります。

大きい手術なので、決断も難しいですよね。

 

人工関節置換術とは、すり減って変形してしまった関節の表面を、人工的な部品に置き換える手術です。

変形が進んだ、70代以降の方に提案されることが多いです。

年齢が関係しているのは、人工関節の耐久年数が15年~20年程だからです。

それ以上経つと、人工関節を再度入れ換える必要が出てきます。

手術が嫌だな、と思われている方

是非一度再生医療のお話しを聞きに当院にお越しくださいませ🙋

ご予約はお電話(0120-013-712)かホームページからも可能です^^

関連記事

  1. ヒアルロン酸注射について

  2. 膝と認知症の関係

  3. 変形性膝関節症は「歩行困難」なぜ歩けなくなるのか?

  4. 当院のYouTube・チャンネル登録をお願い致します!

  5. PRP-FD治療の流れについて

  6. 人工関節の手術とは

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)