お膝のお水について

こんにちは!!

みなさまは「お膝に水がたまる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか(・・?

お膝に関してお悩みの方の中には

実際に膝に水がたまった経験がある方もいらっしゃるかと思います。

今回はお膝に水がたまる原因についてお伝えいたします!!

まず、膝関節は太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)をつないでおり

この膝関節を包んでいる袋(関節包)の中に存在している液体を関節液といいます。

実はこの関節液が膝にたまる水の正体なのです。

関節液には関節をスムーズに動かす潤滑油のような役割があり、健康な人の膝関節にも0.5ccほど存在しています。

変形性膝関節症は加齢や外傷などの影響で

骨の表面にある軟骨やクッションの役割を持つ半月板がすり減り、骨同士が直接ぶつかり合います。

この時に関節の中で炎症が起きて、関節液が過剰に分泌されてしまい、結果としてお膝に水がたまるのです!

たまった水は抜くことで改善されますが、抜くだけでは炎症自体を抑えることはできないため、

再度水がたまる可能性もあります;;

当院の再生医療には水がたまる原因となる炎症を抑える効果が期待できます!!

何かお膝の状態でお困りのことがあればお気軽にご相談下さいませ(/・ω・)/

関連記事

  1. 人工関節の手術とは

  2. 温泉は膝に良い!?

  3. 冬場の膝の痛みについて⛄

  4. 明日は節分ですね

  5. 登山で膝が痛くなる原因は??

  6. おすすめ?の食べ物

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制