人工関節について

こんにちは!!

10月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね、

皆様お身体はお変わりございませんでしょうか。

 

さて、今回は一度は皆さま耳にしたことがある【人工関節】についてお話していきたいと思います。

当院には、膝のお悩みを抱えてお越し下さる方が沢山いらっしゃいます。

その中でも、整形外科にて【人工関節】の手術を勧められた、、、でもどんな手術かわからないし、入院やリハビリが

怖くて悩んでいます、、、。とお話される方が多くいらっしゃいます。

【人工関節】とはどのような手術なのでしょうか(*_*)

他の手術と比べ、除痛性、安定性、耐久性なので面では優れておりますが、合併症のリスクが高いこともあり、

適応をある程度限定して行います。主に60歳以上で、膝痛のために日常生活に支障がでていること、保存療法で効果が

得られないこと、レントゲン写真で高度に変形していることが適応としてあげられます。

方法としては膝前面を12~15cmほど切開し、変形した膝の骨を大腿骨側と脛骨側を削り、

人工の関節が入るようにすき間をつくり、その隙間に骨セメント等を接着剤として、人工の関節に置き換える治療です。

術後早期には車いすで生活し、痛みの程度に応じて、2〜4日ほどは可動域訓練と全荷重での歩行訓練、2〜3週間で杖歩行、

階段歩行のリハビリを行い、術後約3週間で退院となります。

主な合併症は、手術にともなう出血、細菌が原因でおこる感染症、下肢の静脈血管内に血の塊ができる静脈血栓症(エコノミークラ

ス症候群)があります。

当院では、人工関節のような大掛かりな手術や入院が必要な治療ではなく、安全・安心な再生医療を行っています!!

そのため、治療をしてからすぐに日常生活を変わりなく送って頂けるような治療法です。

まずは、膝の状態を診察させていただき、皆様のお膝とお悩みに合わせて治療のご提案をいたします!!

気になった方は、ぜひ当院にお問い合わせくださいませ😉

皆様のご来院をお待ちしております♡

関連記事

  1. ひざ痛チャンネルのご紹介♪

  2. 【培養幹細胞治療】脂肪とるのは怖い❔痛い❔

  3. MRI・レントゲン・CTでわかること!

  4. 暑さに負けない為に….

  5. 「再生医療」って一体どんなもの?

  6. 変形性膝関節症は「歩行困難」なぜ歩けなくなるのか?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)