前十字靭帯と変形について

こんにちは(^^)/

温かい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日はタイトルの通り「前十字靭帯と変形」について少しお話をしていこうと思います!!

前十字靭帯は膝の中でも4つある代表的な靭帯の中でも特に重要となる靭帯になります。

 

 

主な働きは脛骨(けいこつ、すねの骨)の前側へのずれを抑えるのと、内側への捻りを抑える2つの働きがあります。

前十字靭帯は特にスポーツ活動の際に膝をひねったりすることで損傷しやすく、

損傷の程度によっては、膝が抜けるような感覚の「膝崩れ」を起こしたりするようになります。

 

このようにスポーツ活動によって起こりやすい、前十字靭帯の損傷ですが、

膝関節の変形が進行する事で、靭帯が摩耗して自然に断裂してしまい、膝崩れを起こすようになります。

前十字靭帯がもし断裂している場合は、手術などで靭帯を再建する事が一般的ですが、

変形によって靭帯が断裂している場合は、再建手術が適応にならない事が多く、人工関節を勧められることが多いです。

 

スポーツ活動などを行っていないのに膝が抜けるような感覚がする方、

明らかに膝の形が曲がってきたという方などで

人工関節を勧められているが、手術を避けたいという方は、是非一度受診をご検討下さい!!♡

 

関連記事

  1. 円盤半月とは(・・?

  2. もうすぐ春ですね🌸

  3. 再生医療は若い方でもできる治療です。

  4. 寒い時期になると膝が痛くなる(・・?

  5. カバンの背負い方

  6. テニスボールでマッサージ♪

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)